投資の方法

のこぎりで木を切る

高級住宅を取り扱っている業者をお探しならこちらまで!豊富な実績を持った信頼できる業者情報が載っています。

土地神話という言葉は日本がバブルに浮かれている時の言葉です。 1970年代から日本中が田中角栄元総理大臣の列島改造論に踊らされ各地の土地は値上がり一方でした。土地は買えば必ず儲かるが不動産業界の常識的なものでした。 その頃の預金金利で定期預金だと年利一割なんて銀行もありました。 一般人が1億円も定期預金すれば年間の金利収入が600万円で税金を20パーセントひかれても500万円ですから人生悠々自適の生活ができるとの淡い期待もありましたが、金利は徐々に引き下げられ今や半年定期でさえ年利0.5パーセントです。一億円預けて受け取れる金利が年50万円です。それから税金を引かれます。 不意動産に投資するか、株に投資をするか、現金で持っているか、庶民にとってみれば予測不能です。 土地を所有し続けていい思いするのは急激インフレになる場合のみです。

土地の値下がり傾向はこのところ一段落の様相を呈していますがまたもや将来は予測不可能な雲行きになり始めました。 特に空家が住居の3割を超えて各所で社会問題化し各自治体は対策に本腰を入れざるを得ません。 現行法律では建物が建っていると固定資産税は6分の一との優遇措置が取られていますからぼろ屋があっても壊す事はありません。 その優遇措置が撤廃されると持っているだけで数十万単位となって庶民の大きな負担になって長期維持は不可能です。今のうちに処分を考えるべきでしょう。 それを1年延ばし更に1年延ばすと土地価格の暴落を招きかねません。 ましてや少子化に拠るって人口減が確実な現在、土地そのものが不良債権化します。土地の処分は早いほどいいようです。

設計事務所へ依頼

工事現場

大阪で注文住宅を建てる際には、設計事務所に依頼するのがオススメです。デザインや設計がきちんとしているので、要望をきちんと理解して設計をしてくれます。オリジナルの家を建てることができます。

この記事の続きを読む